BLOG:supportの記事一覧

2021.02.26 support, FEELD:  PORSCHE,

PORSCHE 997GT2 in Suzuka

手放したポルシェGT2を鈴鹿サーキットでドライブ(2021/2/25)

 

今のオーナー様のご厚意により同乗走行しました

もちろんGT2でサーキット走行は初

大変貴重な機会を頂き感謝しております

 

 

タイムは未計測でしたが

ストレートエンドで290Km/h 近い速度を記録し

全てにおいて大変エキサイティングなドライブでした

 

 

2021.01.27 information, support, FEELD:  PORSCHE,

2021年度の活動は・・・

 

 

2021年

今年も去年に引き続きCOVID-19の影響により我慢の年になりそうです

少しでも非日常的なサーキットの感覚を忘れない為に

ケイマンGT4のサーキットサポートも積極的に進めてまいります

 

本年も宜しくお願い致します

 

 

Hajime Ohnami 1:54.944(254km/h) Date:2021/1/12

気温3℃ ADVAN A050

 

機会が整えばすぐにでもレースに参戦できる様、体調面も整えつつ

進展がありましたらHPも更新してまいります

 

 

近いうちにPorsche Cayman GT4の車両紹介をUPします

2020.03.24 support, FEELD:  McLaren,

McLaren600LT Circuit Support

 

間違いなく私が今まで乗った中で一番速い市販車

そんなスーパーカーをサポートさせて頂き

私としても良い経験をさせて頂いておりオーナーに感謝しております

 

以前のMcLaren570Sも十分速かったのですが

よりスポーツ走行を意識した限定車が今回のMcLaren600LT

 

 

馬力も600馬力と出力は上がりレスポンスも良く

更に車重が1200㎏台と軽量

タイヤがP Zero Trofeo Rと

サーキットを走るのには申し分の無いスペック

 

3月21日FSWのスポーツ走行にて私自身は初めて走らせました

1本目の走行枠では走行台数が多く車のパフォーマンスを感じれる速度で

ドライブする事は出来ませんでした

 

オーナーにお願いをし2本目の走行機会を頂きコースイン

 

 

Hajime Ohnami 1:50.530(287km/h) Date:2020/3/20 16℃

 

思うように走りをまとめられずの結果でしたが

その中でも車の特性は掴む事が出来ました

電子制御は半カット状態にて、車はコントロールできる領域を確保

各コーナー入口では弱アンダーを保ちつつ侵入

出口ではパワーオーバーを制御しつつ脱出

 

走らせ方は重量あるハイパワー車の走らせ方に近い感じで

コーナーのボトムスピードをキープするよりはしっかり減速して

しっかりアクセル踏むと言った走らせ方が理想と思います

 

ただ、私自身が走りを合わせれなかった点が一つ

ブレーキの初期踏力時に車両の減速感がついてこない点

カーボンブレーキの特性なのか、ブレーキ残量も気になります

また、車両のバランスを保つために敢えて意図的なのか

フロントタイヤがリアタイヤに比べて極端に細いのも一つの要因と思います

1コーナー、ヘアピン、ダンロップ共に車速があるブレーキポイントでは

残念ながら合わせられませんでした

 

この点の修正は連続周回をする事で、次のラップ時に修正していくのですが

今回のコース上の走行台数や車速差の多い車の中では合わせきれず

 

次回、また機会を頂けましたら是非とも目標タイムを叩き出したいと思います

 

そんな車両オーナーのタイムは

1:49.771(293km/h) Date:2020/2/22 14℃

 

 

凄く速いタイム叩き出しております

車の特性に合わせ忠実に走り込んでいた結果ですね

 

2020.03.08 support, FEELD:  PORSCHE,

Circuit Support (PORSCHE GT4) Second time

 

2月8日 久々のPorsche Cayman GT4にてFSWを走行

 

前回より、インテーク・エキマニを交換してECUをセットアップし走行

私はNS-4の走行だった為、タイム差が大きい車の中を走行

その中、クリアーラップを狙う事は難しく、その狙えそうな一瞬も

ドライビングミスをしてしまい、タイムの更新はお預けになってしまいました

 

 

Hajime Ohnami 1:57.899(256km/h) Date:2020/2/8

         1:56.659(254km/h) Date:2020/3/7

 

最高速は5月時から+7km/h

気温が今回は低いため、純粋にチューニングの効果かは不明

マフラー本体を交換していないので抜け感は純正のフィーリングとあまり変わらず

ステア初期はアンダー気味、後半はオーバステア気味とアクセルを踏める感じでもなく

その割にはタイムは出るかなと言った印象です

 

ポルシェは完成度が高いだけにチューニングするのは難しく

時間をかけて仕上げていきたいと思います

 

その後、3月7日に改めて走行しタイムはは更新しました

2019.05.24 information, support, FEELD:

GARAGE KITA-KANTO(エビス東)

4月にガレージ北関東様の走行会(エビスサーキット:東コース)にて

ドライビングのアドバイスをさせて頂きました

 

私自身、東コースの走行は過去に数回程度で

当日はコースレイアウトも思い出しつつ(笑)

コース特性に合わせてのアドバイスまだまだなところでしたが

基本的なドライビングのアドバイスは好評頂けたようで良かったです

 

また、10月にイベントがあるようなので、その際には告知させて頂きます

 

今回、レクチャーで乗った車の中でレアが車両があったため紹介致します

 

セリカ!

 

それ以上の詳しい事はわかりません(笑)

 

 

 

オリジナルかわかりませんが綺麗な内装

 

ディープなホイール

 

落ち着く雰囲気

 

ガレージ北関東:http://www.g-kitakanto.co.jp/index.html

酒田社長、このような機会を頂きありがとうございました。

2019.05.18 support, FEELD:  PORSCHE,

Circuit Support (PORSCHE GT4)

レースと離れたところで忙しく、Blogを更新する事が出来ませんでした

今年はレース活動を少し縮小しサポートやレッスンに力を入れてまいります

 

そんな今年から、ポルシェを新たにサポート致します

Porsche Cayman GT4(Y2016)

 

 

 

実はこの車両をサポートするのは、今回が3回目

1回目は、ウエットコンディションにタイヤコンディションが悪く

2回目は、他車両のクラッシュにより赤旗中断しコースコンディションも悪く

3回目は、車両特性を把握できず、車にドライビングを合わすことが出来ず

これらの走行ではオーナーのタイムに及ばず、精神的に少し気負ってました(笑)

 

この4回目のサポートは、もう一度全てをリセットし走行に望みました

体に感じていたPorsche Cup carのRRの特性をリセットし

全ての神経を集中させ外気温が20℃を超える中でタイムを刻むことが出来ました

 

Hajime Ohnami 1:57.807(249km/h) Date:2019/5/18

 

オーナーも1:58.427とかなりの接近戦です

車両はシートポジションを少し寝かせた程度で、

その他は何も触っていない状態になります

 

今回のこのタイムを基準タイムとして、これから走りと車を煮詰め

年末には良いタイムを狙えるようサポートしてまいります

 

 

2019.01.07 support, FEELD:

2019走り初め

今年最初のサーキットは筑波2000

 

車はドライビングレクチャー用で購入したNBロードスターです

 

 

今回は、細井 明宏選手のレクチャーを中心に

私も少し練習しようと意気込んで走行しましたが

わずか4周で1コーナーコースアウト

私自身がもっともっと練習が必要と感じた1日でした

 

 

この日のベストタイムは

細井 明宏選手 1'11.654

S-1 29.291

S-2 29.489

S-3 12.874

 

 

2018.11.11 support, FEELD:

CATERHAMサーキットサポート

この日は少し変わった車のサーキットサポートに

CATERHAM

 

 

速いスペックからのんびり走るスペックまで様々なグレードがありますが

海外では比較的多く使われているサーキットのドライビングレッスン用モデル

(エンジンは遅いがロールゲージは組まれ安全性は高いモデル)

 

 

昔乗っていたフォーミュラーカーと少し似たような感覚でしょうか

風を感じながら楽しくドライブ出来ました

Hajime Ohnami: 2'12.619(174.72km/h)

 

 

 

 

2018.10.22 support, FEELD:  McLaren,

McLaren TRACK DAY JAPAN 2018

 

 

サーキットサポートで10月21~22日富士スピードに

22日は、McLaren TRACK DAY JAPAN 2018

車両: McLaren 570S

 

事前に車両をお預かりし一通りメンテナンス

お預かりは警備員常駐の駐車場で保管

 

シンプルな計器類

 

 

 

 

イベント前日の21日はサーキット持ち込みによるテスト走行

久々に興奮な283km/hの最高速

タイヤがサーキットを走るのにはグリップ不足なだけに

タイム刻む走りは断念しましたが

それでも1'55.433のタイム

来年は、タイヤを替えて本気で走ってみたいと思いました

 

 

 

翌22日はマクラーレンDay

当日の富士スピードウエイがいつもと様子が違います

サーキットでは優雅に朝食をとり

昼食は目の前で握られるお寿司を食べて

協賛ブースではリシャール・ミルの腕時計を物色し

オーナーも沢山のマクラーレンと走行し一日を楽しまれました

2018.06.30 support, FEELD:

HUSHレッスン車両

ドライビングレッスン業務も増え

内容を濃いものにしたい事からレッスン車両を購入しました

 

 

車両は、FR(後輪駆動)で軽量な車としてMazda ロードスター(NB)

 

今後、私とのタイム差比較からナオキのドリフレッスンまで

幅広く使用して参りたいと思いますので大事に使って頂ければと思います

 

 

エビスサーキット西コース(6/30) ※Tire: ATS

Hajime 1'14.775

Hosoi 1'15.309

Naoki 1'16.238

 

エビスサーキット西コース(7/30) ※Tire: ATS

Hajime 1'14.811

Hosoi 1'15.248

Naoki 1'15.445

OFFICIAL LINK

  • 新日本建物
  • Lubross
  • Panda International Trade
  • BPlus
  • Maruka.co.ltd 丸加運輸(有)
  • SK MASSIMO
  • ESEF