2018.01.14 support, FEELD:  Alfa Romeo,

Circuit Support (4C)

今年、最初のサーキットは

富士スピードウエイにてサポートからスタートです

 

そして、サポートするマシーンは

今年からお初となりますAlfa Romeo 4C Spider(107thEdition)

 

 

昨年からサポートしているLotusと並べてみると車格こそ似ているものの

4Cはラグジュアリーな乗り心地に、Lotusはスパルタン

それは今回のサーキット走行でも顕著に性格として現れました

 

4Cのシートは革張りのラグジュアリーなもの

体のホールド性能がまったく無く、車内でも体を固定出来る箇所が少ない事から

ステアリングに抱きつきながらの運転

残念ながら集中したドライビングが出来ない為にサーキット走行は数周で

終了しました

Hajime Ohnami 2:06.439(233km/h)

 

それでも車両のパワー感やLotusに比べるとブレーキングによる

フロント荷重からの旋回性能には手応えを感じ

カーボンモノコックの剛性感も同時に味わう事が出来ました

Lotusのアルミモノコックは初期入力では硬質に感じるものの

カーボンモノコックは入力はしなやかな印象があり

その辺りが乗り心地にも大きく関わっているのかなと印象です

 

次回、4Cの走行はシートを交換し適切なドライビングポジションを得て

改めて走らせてみたいと思います

 

 

次回走行は、1月21日FSWのスポーツ走行を予定しています

RELATED ENTRY

OFFICIAL LINK

  • 新日本建物
  • SK MASSIMO
  • BPlus
  • Panda International Trade
  • Lubross
  • Orange
  • Maruka.co.ltd 丸加運輸(有)
  • ESEF