2017.09.20 GT3 CUP, FEELD: TWIN RING MOTEGI,

PORSCHE GT3 CUP CHALLENGE 2017 Rd.5-6

モテギは暑い。。。

2015年のJoy耐で熱中症になった夏を思いだします

20分程のスプリントレースですが、車の速さや緊張感から暑さは倍増するって事でしょうか

 

 

 

Date: 10/09/2017

Circuit: TWIN RING MOTEGI  Condition: dry

Machine: NINNE RASING HUSH  Model: 911GT3CUP

Driver: Hajime Ohnami

 

Round 5 Qualify Pos 2 1’57.753

Round 5Race Pos 2

Round 6Race Pos 3

 

 

今回のレースでは、色々な事情によりNEWタイヤ1Setと非常に厳しい環境でした

予選では、前日のユーズドタイヤからNEWタイヤのグリップを想定して走りました

しかし、自分の感覚と実際のグリップに大きなギャップが有り計測2周目でスピン

 

その後、落ち着いてギャップの大きなポイントを修正し計測最後の周回でタイムを出し2番手のポジションを手にしました

 

 

 

Rd.5の決勝

予選から使ったタイヤを使用して、2番手をキッチリキープしてフィニッシュ

それにしても暑さが厳しかったレースです

 

 

 

そして、Rd.6の決勝を迎える事に

このラウンドでは、周りがNEWタイヤを投入する中で、6月のRd.4で使用した中古タイヤを使う事に

フォーメーションLAPでもタイヤのフィーリングが十分に掴めず

スタートでは2番手の座を許し3番手に後退

後続が連なった状態で、タイヤからも悲鳴が聞こえるような状況が続きました

何回も4番手の車に並ばれましたが、2番手の車を追いかける意識を保ちつつ

3番手の座を守り切りました

 

Rd.2の3番手走行中に最終Lapでスピンした記憶も一瞬蘇りました

しかし、後続を意識するのではなく前の車を追いかける気持ちを保つ事で

レース後半では、2番手の車に対して距離を縮めフィニッシュ出来ました

 

自分の走りを信じて走り切れたレースだったと思います

 

 

 

レース前日入りし、30分の練習走行を3本

たった3本の走行でレースに臨む為、エンジニアとの打ち合わせは非常に重要で

マシンのセットアップとドライビングの修正を同時に行います

また、練習からタイヤのマネージメントも重要な要素となる事を

今回、改めて勉強できました

非常に実りあるレースウイークを送れた事に、応援して下さった皆様、チームスタッフの皆様に感謝いたします

 

10月29日舞台は富士に戻り最終ラウンド

今季、復帰の集大成として頑張りますので応援よろしくお願いします

RELATED ENTRY

OFFICIAL LINK

  • SK MASSIMO
  • BPlus
  • Panda International Trade
  • Lubross
  • Orange
  • ESEF